TEL03-6456-2988

ルフト

ABOUT

ルフト エアアカデミーについて

ルフト エアアカデミーが保有するフライトシミュレーターは、実際にエアラインパイロットの訓練で使用する、『ボーイング777-300ERフライトシミュレーターデバイス(FTD)』。民間では世界でも約20台、『ボーイング737MAX』は民間では世界で約5台しかない最高レベルのフライトシミュレーターです。
一般の方がなかなか体験する事の出来ない旅客機の本格的な操縦体験が出来る日本では数少ない施設です。
日本国内はもちろん、世界各国から各航空会社を受験するプロのパイロットや現役のエアラインパイロットが、集中的に当アカデミーのシミュレーターで飛行訓練をおこなっています。
皆様のシミュレーター体験をサポートをするスタッフは、ヨーロッパのナショナル フラッグでボーイング747(ジャンボジェット)やボーイング737等の機種に乗務していた元国際線パイロットで教官のライセンスも所持している校長のアルパをはじめ、全員がFAA(アメリカ合衆国連邦航空局)やJCAB(日本国土交通省航空局)の免許を持つ現役のパイロットです。
シミュレーター体験コースも、ターミナルからのプッシュバック、エンジン始動、タキシングをはじめ、様々な魅力的なコースをご用意。
もちろん、お客様のご要望にお応えして、夜間飛行、ご希望される世界各国の空港への離発着、気象条件の設定など、さまざまなシチュエーションを体験して頂く事が可能となっています。

ご希望の方には、一人で旅客機(シミュレーター)の離発着が出来る様になるまで、
または一人で離陸・目的飛行場までの飛行・着陸が出来る様になるまで…等、
その方のご希望に沿った訓練プログラムもオーダーメイドでご提案いたしますのでお気軽にお問合せ下さい。

更に、当アカデミーではシミュレーター体験にとどまらず、
実際のパイロット免許(自家用操縦士~事業用、計器飛行証明、双発等)をはじめ、
エアラインを含むプロのパイロットを受験申請するコースまで様々な訓練プログラムをご用意しております。

当アカデミーの顧問には、元日本航空の機長で現在各マスコミやテレビ等に
数多く出演されている航空評論家の杉江弘氏をお迎えし、皆様にご提供する各プログラムを日々ブラッシュアップしております。

実機による訓練は、当該シミュレーターでの訓練を経て、これまでもプロのパイロット養成に実績のある、
セブ島(フィリピン)マクタン国際空港並びにバンクーバー(カナダ)近郊の飛行訓練校にてセスナ、パイパー バロン等の機材で行います。

エアラインのパイロットを目指す訓練生には、各航空会社への受験申請まで親身になり総合的にサポートをさせて頂いております。

ルフト エアアカデミー、それは一流の教官と一流の機材、そして一流のノウハウを備えた国内唯一と言える総合的なパイロット養成機関が運営している、
最高に楽しくて最高の水準を誇るフライトシミュレーター体験施設なのです。